ayatonobuの徒然日記

hope to find something special

*

デフレに戻るか、インフレで乗り切るか。過度のインフレは避けられるか?

   

       
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

衆議院選も佳境に入ってきた。選挙テーマは色々言われているがアベノミクスが焦点になっていることに疑いの余地はないだろう。アベノミクスの実際と今後の経済状況を自分なりに想定し、どう行動していけばいいのか考えてみた。

ダウンロード (1)

アベノミクスは

  1. 金融緩和

  2. 財政出動

  3. 成長戦略

ということになっているが、実質成果がでているのは1,2のみで、3に至っては政策決定もされていない状態である。金融緩和と財政出動によってもたらされたものはなんだろうか?

財政出動は公共投資に対して大規模な補正予算をつける形で実施されてきたが、この2年間で明らかとなったのは人的・物的の供給制約。仕事があっても消化できない土木関連事業と一方で事務職は余剰状態であるという労働力の歪み。供給制約ということで結果として賃金上昇となったが、需要が増える形にはならなかった。

金融緩和は日銀が「異次元緩和」と銘打って、国債買い入れ規模を60兆円にするところから始まり、10月にさらに緩和規模を増額も発表された。これは端的に言えば市場に出回るお金の量を増やして、インフレ率上昇を期待した政策である。これにより、市場にあふれ出てきたお金がどうなったかといえば、株価上昇・地価上昇という形で資産価値向上をもたらしたわけである。さらに円の価値を下げるこの政策により大幅な円安により輸入品の価格が大幅に上昇した。また輸出企業を中心として企業収益は改善し、これも株価上昇につながった。これにより企業・資産を有する高齢者は恩恵を受けたといえるだろう。

それでは資産を持たない若者・サラリーマン世帯はどうなっただろうか。名目賃金は幾分上昇している一方で、コストプッシュインフレにより上昇した物価上昇の方が大きく実質賃金は目減りしている状況である。大規模金融緩和が始まって1年半と十分な期間をもってこれは多くの労働者に益とならないと判断されても仕方ないだろう。

今後どうなるか・・・。これは考えると恐ろしいことしか思い浮かばないが。まずGDPが下振れし、消費が非常に弱いことから政府は今後大規模補正予算を組んでくると思われるが、現状税収と予算のアンバランスが極端になっていることから、今後ますます国債発行しそれを日銀が買い入れるという実質マネタイゼーションが継続することになる。すると円が減価し続け円安がさらにどんどん進行する。輸入品の物価が上がり続け、しばらくは株価上昇・不動産価格上昇も続くだろう。それでは国債買い入れをやめられるのかといえば、出口はないだろう。出口を示唆した時点で金利が急騰(国際価格の暴落)を招くからだ。要するに市場に毎年40兆円売り出される国債のほとんどを買い占めている日銀が買い入れを減額、中止することで株でいう需給環境が一気に悪くなるからだ。もはや2年前まで続いたデフレ日本に戻ることもままならない。

国債発行を減らせればいいわけだが、歳入の半分を占める社会保障費を大規模に削減する方策が必須であり、これは今の政治家(ひいては有権者の多くを占める高齢者・退職に近い労働者)に決断はできないだろう。正直社会保障費に関しては公的にカバーする部分は極端にシュリンクするか、きちんと個人資産を把握しそれに応分の負担を求めるようにしない限り早晩破綻するだろう。

現状、若者や子供が将来ハッピーになるためには寧ろハイーパーインフレになって、いっそ貧富の差が世代差で関係なくなるようにリセットされる状態になったほうがいいようにも思える。年金も医療もみな最低限しかうけられなくなるだろうが、若者は希望をもって働ける世の中になるのではないか?

残念だが、ハイパーインフレ後は日本都市部と重要な資源源は外国人資源にとられてしまっているだろうが・・・

 - 投資関連

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

  関連記事

2015年3月27日の成績 保有株まとめ(1)をしてみました。

本日の成績です。 一日見てましたが、日経のボラリティの高さには辟易しますね。 全 …

2015年11月20日の成績 堅調ですね。保有株は年初来高値圏へ。

昨日の成績です。 最近忙しくて全然更新できません。 ちなみに、保有株はここ1週間 …

2015年10月22日の成績 比較.comは買っておけばよかったなー

本日の成績です。 自分の持ち株は置いといて、定期監視銘柄であった比較.comが火 …

2017年1月6日の成績 ほぼヨコヨコです。 中小型株が上昇気流に。

昨日の成績です。 おしなべて好調で、かなり含み益が積みあがってきました。 ずっと …

2015年12月2日の成績 ほぼよこよこですね。昨年の年末から年始に向けての上下が気になります。

本日の成績です。 前日比-0.12%で、ほぼ横横でした。 全体として方向性の出な …

保有株の決算分析について 【グローブライド、ブロードリーフ、ダイオーズ】

保有株決算もだいぶ出そろってきましたのでレビューしておきます。 ① グローブライ …

2015年6月15日の成績 前日比+0.82%でした。順調すぎるときは・・・そのままにしておきます。

本日の成績です。 eBASEとテクノメディカが非常に順調です。 というか中小型株 …

2016年12月22日の成績 前日比-0.32% シンプロメンテ、エプコが好調

おはようございます。昨日の成績です。 好調だった株が一転、軟調に見えるときがあり …

2015年4月6日の成績 前日比+2.21% 気分は下げ下げですが。

本日の成績です。 全体としては+2.21%と堅調でした。 個別銘柄もそろそろ決算 …

2016年11月13日 トランプショックはもう少し先でしょうか。年初比+30%・・・変わらず。

お久しぶりです。 トランプショックにパフォーマンスが一度は前日比-5%程度まで凹 …