ayatonobuの徒然日記

hope to find something special

*

~出川哲朗という男~大好きでお気に入りの芸人『世界の果てまでイッテQと旅猿を見て考察』 

      2014/12/08

       
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

出川哲朗、かつては「嫌いな男」ランキングで5年連続1位となり、殿堂入りした嫌われ芸人。それが今、冠番組を持ち、自分の大好きな番組「世界の果てまでイッテQ」「東野・岡村の旅猿」でレギュラーとなりNHKの『天才テレビくん』大活躍中だ。出川哲朗ファンを自負する自分が、出川哲朗のすごい所、考えてみた。

ダウンロード (2)

キャプチャ

旅猿を見ていてよくわかるのだが、出川は超空気が読める人だということだ。東野はどこまでも自分の思いに正直、岡村もどちらかといえば空気が読めるタイプだが、極度の人見知り。その二人とスタッフみんなの間で空気を読み、テレビ番組として成立させようと努力するのが出川哲朗だ。

  • 期待に応える

出川哲郎は「リアクション芸人」というカテゴリーを作ったともいえる、リアクションの第一人者。リアクションというのは、何かが起こった時に(特別なことでも日常的なことでも)過度の反応で応対するということである。テレビではリアクションは何か意図された出来事が設定され、その中で求められることが多い。出川哲朗は必ず期待に応える。無謀な設定であっても、絶望的な状況であっても。

  • 人を貶めない

色んな番組を見てくると、出川がなぜ女性に嫌われ続けていたのが全く分からなくなった。出川はネタでも普通にしゃべらせても決して人を貶めたり傷つけたりする発言をしない。見ていて嫌味がなくすがすがしい。

意外と女性共演者に好かれているようだ

これはイッテQを見ていて思うのだが、出川は女性共演者と非常にうまく関係しているように見える。実際いまの出川ガール河北麻友子とは

images

こんな感じにかなり好かれているようだし、あの気難しいデヴィ夫人とロケできるのはどうも出川だけなのではないだろうか。河北麻友子もデヴィ夫人も出川との掛け合いで良さを発揮できているように見える。

自分はどちらかといえば人見知りの岡村タイプの人間だが、友達にするなら出川哲朗みたいなタイプの人間がいいなと思う。岡村と出川がプライベートでとても仲がいいのは納得だ。健康問題が気がかりだが、今のままでずっと頑張ってほしい。

出川哲郎は芸能界きっての愛されキャラだ。

 

 - 日常生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

  関連記事

最安値ってどれ?スマホ費用を抑えたいからおすすめのポケットWifiを比較してみた

ちょっと前までは、パケホーダイが主流だったと思いますが、MVNOが携帯市場に広く …

資産価値の高いマンションの選び方 ~名古屋市中区を中心に考えてみた~

今日は新築マンションの建設ラッシュとなっている地元名古屋の特に中区における資産価 …

今日は晴天で、久しぶりに行ってきました。マラソン大会に遭遇!!!

今日は朝からサイクリングしてきました。 荒川沿いのサイクリングロードを走っている …

素顔の東野幸治 ~海外で旅猿中毒になった僕 Huluに感謝~

海外に住んでいる私にとって、日本語と触れ合う時間というのは貴重であり、癒しの時間 …

朝食にお勧めクランペット ~オーストラリアで知ったおいしい話~

皆さん、クランペットてご存知ですか? パンケーキ(ホットケーキ)みたいにみえます …

オーストラリアの田舎ってすごい~Streaky BayからPort Augustaまで~

この写真はドライブ中にひたすら一本道がきれいだったのでカメラで撮ってみました。実 …

ガラケーとスマホ(+ポケットWifi)の二台持ちに Y!Mobileはダメ、やっぱりUQWimax 

海外から帰国後、通信費を抑えるために携帯・ネット環境整備をどうしようか考えていま …

小保方晴子氏はいかなる点においても擁護されるべきではない3つの理由 ~STAP細胞捏造事件を振り返って~

  私が海外にいる間に日本で起きた事件の中で、もっとも印象に残っている …

ブログを書き始めて約2ヵ月、毎日200人程度の方に訪問して頂けるようになりました

11月29日に開始した本ブログ。 何でも三日坊主の私ですが、なんとか2ヵ月を超え …

no image
今日は久々の晴天でした。先週より少しだけ遠くまで荒川サイクリングロードを遠征!

今日は朝からチャリダーしてきました。 まだまだ初心者なので、長距離は難しいですが …