ayatonobuの徒然日記

hope to find something special

*

素顔の東野幸治 ~海外で旅猿中毒になった僕 Huluに感謝~

      2014/12/08

       
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

海外に住んでいる私にとって、日本語と触れ合う時間というのは貴重であり、癒しの時間でもある。これまでの記事でもお勧めしているが、ネットさえ通じればVPN接続を通じて、日本のHuluを利用することが可能である。

Huluと言えば、海外ドラマコンテンツが充実していることで知られているが最近日本のサービスを日本テレビが引き受けたことがきっかけとなり、多くの日本テレビコンテンツが視聴可能となった。

images

じつはこれ結構大きな変化で、『東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい』を含め、最新のドラマも配信される。海外で毎日舐めるように旅猿を見てきた旅猿大好きを自負する僕が、今日は東野幸治の素顔に迫ってみたいと思う。ちなみに東野は行列のできる相談所など他の番組でも多数出演しているようだが、殆ど見たことが無いので、この記事の内容は、旅猿から垣間見える東野の素顔、ということにご注意いただきたい。

旅猿は皆さんご存知のように47歳の東野幸治と44歳の岡村隆史のおじさん2人が、プライベート感満載でどちらかというと若者のように旅する癒し系旅番組である。東野・岡村となっているが、番組のアイデンティティーを作っているのはほぼ東野である。

番組開始当初から、徹底してGoing my wayで、自分がしたいことをし、思ったことを思ったまま表現する。旅猿は当初深夜番組だったことも影響してか、ある意味好き放題にしてそれがコアなファンに受けるという感じだったのだと思う。また東野は出演者、スタッフ含め一番上に当たることも重要だ。

ダウンロード

岡村・出川はテレビということを結構意識して番組を作ろうとしている感が結構出る時があるのだが、それとは対照的に、東野はどこまでも突き抜けている。スタッフが用意した仕込みに対する対応は岡村が大人の対応をするのに対して、東野はまるで子供の様に嫌な顔をし拒絶したりするのだ。これが実は番組お決まりのパターンとなり、期待通りの展開となってそれがいいのだ。自分の好きな『男はつらいよ』もそうだが、少し題材や場所を変えて決まったパターン(ファンが好きな)を見せるというのは長寿コンテンツの常套手段である。

最近の旅猿はゴールデンになって女性ゲストが呼ばれるようになってから、少しつまらなくなったという意見もあるようだ。しかし東野がスペシャルとかゴールデンだからとかを意識せず、素顔の東野を見せてくれている限り、僕の大好きな『旅猿』はいつまでも続いてくれると思う。

 - 日常生活, 海外生活について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

  関連記事

セミリタイヤを目指すための資産形成とは?金融資産5000万円をどう活かすか。

またお久しぶりです。 2週間ぶりとなってしまいましたが、今日時点での金融資産は、 …

写真ブログもやっています。福島で思ったこと

福島旅行での写真をアップしました。 nobuandaya.com こちらもよかっ …

海外在住の方へおすすめVPN接続 Hulu動画配信サービス視聴するために

海外で快適な動画視聴環境を整え、充実した自宅ライフを過ごしたい方のために!!! …

日本版Huluを海外で快適に視聴するために、おすすめのVPNサービスを厳選

以前、海外でVPN接続についてまとめましたが、再度アップデートしてみました。(2 …

スマートフォンとの付き合い方 ~スマホ中毒にならないための3つの心得~

  皆さん、スマートフォンをお使いですよね? 一日にどれくらいスマート …

二級小型船舶の免許を取ろう~取得するまでと取得後について、費用を中心に~

オーストラリアにいると、休日はモーターボートを牽引して港まで行きBoat Ram …

ガラケーとスマホ(+ポケットWifi)の二台持ちに Y!Mobileはダメ、やっぱりUQWimax 

海外から帰国後、通信費を抑えるために携帯・ネット環境整備をどうしようか考えていま …

no image
今日は久々の晴天でした。先週より少しだけ遠くまで荒川サイクリングロードを遠征!

今日は朝からチャリダーしてきました。 まだまだ初心者なので、長距離は難しいですが …

~出川哲朗という男~大好きでお気に入りの芸人『世界の果てまでイッテQと旅猿を見て考察』 

出川哲朗、かつては「嫌いな男」ランキングで5年連続1位となり、殿堂入りした嫌われ …

PHOTOHITOという写真共有サイトで投稿を始めました。

PHOTOHITOという写真共有サイトでちょっとした写真を撮影して投稿しています …