ayatonobuの徒然日記

hope to find something special

*

書評 『嫌われる勇気』 ~幸せに生きるための考え方 不幸な自分を幸福な自分に変えたいあなたへ~

   

       
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

キャプチャ

最近時間に余裕があり、本を読む時間がたっぷりとれます。実用的な投資本などを読むことが多いですが、自己啓発的な本も時々目を通したりします。今日は『嫌われる勇気』発刊から1年になりますが、昨今のご時世もあってかベストセラーとなっているようで、私も3ヶ月ほど前にさらっと読んだのですが、ブログを初めて記事にしようと思い再度読み返してみました。

書評『嫌われる勇気』 岸見一郎、古賀史健 著

本書はアルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を対話形式でまとめた一冊です。アドラー心理学は一言でいえば○○○であるという風に簡潔に説明できないので、本書においては青年と哲人の対話物語形式で描いている。

ここで描かれている青年は、言わば読者側の人間、哲人はアドラー心理学者という設定で始まる。

青年は、理不尽で不平等な世界があり、時には自分の容姿や出自、学歴など至る所に劣等感を抱えて生きていると感じている(そしてこれは想定される多くの読者を代弁している)。そういった不平等さをもとに不幸であると感じている。

一方で哲人は、各人に様々なことがおこるが、自分自身の見方考え方一つで混沌な世界がシンプルで分かりやすいものとなり、それを変えることでどんな環境においても幸福であり続けられると説きます。

puzzle

我々はこの世で生きていくにあたって、原因論で物事を捉える傾向にあります。例えば、勉強ができないという原因があって引きこもりになる、両親が離婚したから結婚に消極的だ、などです。

一方でアドラー心理学では目的論で現象を捉えます。すると先ほどの、引きこもりになるというのは親の心配を集めたいという目的を達成するための合目的的な行動という風に捉えられます。

上記はほんの一例ですが、対話を通じて、たくさんの事例がアドラー心理学的には全く別の見方ができるということが示されます。そしてそれほこの本の重要な論点である、不幸⇒幸福へという議題へ移っていきます。

キャプチャ

この本を読もうと思う人の多くは、どこかで自分が不幸であると自覚していると思います。それは過去の様々な出来事のために、結果として今自分が不幸な目にあっているというストーリで理解されていることと思います。

アドラー心理学では、自分が不幸であるのは『自分が不幸であるという世界観(ライフスタイル)を受け入れたから』であると考え、その世界観を変えることによって、幸福を手に入れられると考えます。この『不幸な世界観』⇒『幸福な世界観』を得るために必要なのは、自分を変える勇気だけであると考えます。

上記のこと以外にも多くの人が悩む劣等感への対処の仕方、悩みを生む対人関係への対処法がボリュームたっぷりの内容で書かれています。以下に少しだけ気に入った文面を上げておきます。(本文一部引用)

favorite-things

  • 他者の期待を満たす為に生きているのではない、自分は自分のために生きていなければ誰のために生きるのだ
  • 自分を変えることができるのは、自分しかいません
  • お前の顔を気にしているのはお前だけだよ
  • 困難に直面することを教えられなかった子供は、あらゆる困難を避けようとするだろう
  • 自由とは、他者から嫌われることである
  • 「他者からどう見られているか」ばかりを気に掛ける生き方こそ、「わたし」にしか関心を持たない自己中心的なライフスタイル
  • 人は自分には価値があると思えた時にだけ、勇気を持てる
  • 人生の意味は、あなたが自分自身に与えるものだ

「目から鱗」とまではいきませんが、繰り返し読むことで本書の伝えたい意味が少しわかってきた気がします。どなたにも一読をお勧めします。

 - 日常生活, 書評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

  関連記事

お気に入り番組【吉田類の酒場放浪記】いやー最高ですね。僕は大好きです。

  私、それほどテレビは見ない方なのだが、お気に入りの番組がいくつかあ …

小保方晴子氏はいかなる点においても擁護されるべきではない3つの理由 ~STAP細胞捏造事件を振り返って~

  私が海外にいる間に日本で起きた事件の中で、もっとも印象に残っている …

2015年10月29日の成績 エイジアは上に行きそう???

本日の成績です。 前日比+2.1%ですが、ほとんどエイジアのためです。 シンプロ …

おすすめのHULUのコンテンツランキングベスト3

海外に一年過ごしてみてHULUには大変お世話になった。帰国してからも引き続き利用 …

no image
今日は雨の中、少しだけサイクリング。My Tracksアプリを使っています。

今日は朝から、折角休みの週末なのでサイクリングに出かけようと思っていましたが・・ …

出川哲朗が友達だったら ~リアルガチにいい名言から読み解く性格~

先日書いた出川哲朗という男という記事が一番アクセスがありましたので、さらに深めて …

~出川哲朗という男~大好きでお気に入りの芸人『世界の果てまでイッテQと旅猿を見て考察』 

出川哲朗、かつては「嫌いな男」ランキングで5年連続1位となり、殿堂入りした嫌われ …

朝食にお勧めクランペット ~オーストラリアで知ったおいしい話~

皆さん、クランペットてご存知ですか? パンケーキ(ホットケーキ)みたいにみえます …

素顔の東野幸治 ~海外で旅猿中毒になった僕 Huluに感謝~

海外に住んでいる私にとって、日本語と触れ合う時間というのは貴重であり、癒しの時間 …

田舎町Cedunaより ~南オーストラリアを周遊ドライブ~

  私オーストラリアにいることは、ご報告させていただいたことがあります …