ayatonobuの徒然日記

hope to find something special

*

小保方晴子氏はいかなる点においても擁護されるべきではない3つの理由 ~STAP細胞捏造事件を振り返って~

   

       
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Riken Research Institute Research Unit Leader Haruko Obokata News Conference

http://www.huffingtonpost.jp/2014/04/08/stap-matome-0410_n_5123116.htmlより引用

 

私が海外にいる間に日本で起きた事件の中で、もっとも印象に残っているのは「小保方晴子氏によるSTAP細胞捏造事件」である。私は科学者の端くれとして、この事件に強く関心を持つと共に激しい憤りを禁じ得なかった。彼女がSTAP細胞を発表し、疑義が生じ、それに反論し、徐々に全貌が明らかになっていく過程において、彼女を強く擁護する意見があった。

はっきり言っておくが、「小保方晴子氏は本件において、1ミリたりとも擁護されるべきではない」ということである。以下に少なくとも挙げられる3つの理由を述べる。

研究者は「白」でなくてはならない  どれだけ叩かれても、埃一つ出なくてしかるべきである

小保方氏はSTAP細胞の疑義を発端として、それまでの様々な彼女の業績に新たな疑義が生じ、博士論文にまで剽窃(いわゆるコピペ)が行われていたことが次々と明るみに出た。

研究者にとって、疑義がつくということはある意味前科のようなもので、科学界というムラにおいてレッテルを貼られると同義である。だから研究者はみずからの成果を世に出す時には、様々な批判に耐えうるように多角的にデータを検証しセルフチェックを繰り返し行う。これは研究者として、誰から教わる必要のない本能的行動であるといえる。一度「グレーな研究者」と認識されることは、研究者として致命傷であるからだ。

小保方氏は発表したあらゆる業績に疑義が存在しているが、STAP細胞事件まで明るみに出なかった。これは研究をしたことのない人には理解され難いかもしれないが、この世に日々発表される無数の論文の多くは発表した本人以外、ほとんど誰の目に留まることがない。小保方氏は実際の実験をすることなく、自分が考えたストーリーに合うデータを並べる作業をするだけで、博士号を取得し研究論文を発表してきた経験からSTAP論文においても同様の行為をしたと考えられる。

研究者失格である。

研究者は公に貢献することを前提としなければならない

キャプチャ

http://www.iodata.jp/より引用

 

他の多くのサービス業などと異なり、研究それ自体は誰かが必要であるから(他者から求められて)存在する仕事ではなく、何かを探究したくて(自分から求めて)行う仕事である。それ自体が直接的にすぐ人間や社会のためになることは稀であり、それ故利益を生み出せないことがほとんどで、研究は専ら公的なお金を使って行われている。

だからこそ研究者は、自分の研究がいつか将来だれかの役に立つと信じて研究しているし、そうでなくてはならないと思うのだ。だからそもそもありもしないデータを捏造してだますような輩は、存在しないはずなのだ。研究者は目の前にあるデータが捏造であるという可能性を考えて論文を読んだりはしない。

小保方氏の行った行為を擁護する意見として、「周囲の期待が強すぎた」とか「周囲のチェックが甘い」などという声があるようだが、いずれも的外れである。期待されてそれに応えようとするのはみな同じであるし、捏造は研究者の前提として存在しないはずのことであるからだ。

自分の嘘で笹井氏を死に追いやったにも関わらず、嘘を認めていない

osu

正直真相は闇だが、おそらく彼女の捏造されたデータをもとに、論文作成を笹井氏が一部の実験を若山氏が行ったというのが真相だろう。しかしSTAP事件の真相について、小保方氏自身が一番よくわかっているはずである。

事件の経過の中で、笹井氏は自ら命を絶った。彼女にとって、全て真実を打ち明ける最後のタイミングであったのではないだろうか。

自らの手で死に追いやったも同然である。それでもなお謝罪や懺悔の言葉一つない小保方氏を見て、憤りを覚えるのは私だけだろうか?

世界の多くの研究者を欺き、共同研究者を欺き、笹井氏を死に追いやった彼女に擁護されるべき理由があるだろうか?

最後に

おそらく2015年、STAP事件も小保方氏も風化し忘れ去られることだろう。

忘れてはならないという教訓めいた思いと思い出したくもないという憤りが交錯している。

 - 日常生活, 書評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

  関連記事

最安値ってどれ?スマホ費用を抑えたいからおすすめのポケットWifiを比較してみた

ちょっと前までは、パケホーダイが主流だったと思いますが、MVNOが携帯市場に広く …

no image
今日は久々の晴天でした。先週より少しだけ遠くまで荒川サイクリングロードを遠征!

今日は朝からチャリダーしてきました。 まだまだ初心者なので、長距離は難しいですが …

何を捨てるべきか、それを考えてみよう ~人口減少局面を迎えた日本の今を考える~

  私、しばらく海外に住んでいましたので日本の良いところ、どうなんだろ …

リニアだけじゃない!!!中津川という特別な場所 ~JR中央線で清澄な空気を吸いに日帰り旅行~

みなさん、中津川を御存知ですか? 今日は東海地方在住のみなさんにお勧めしたい、中 …

素顔の東野幸治 ~海外で旅猿中毒になった僕 Huluに感謝~

海外に住んでいる私にとって、日本語と触れ合う時間というのは貴重であり、癒しの時間 …

出川ガールを考察してみた(北川弘美・河北麻友子を中心に)~世界の果てまでイッテQと出川哲朗~

これまで~出川哲朗という男~と出川哲朗が友達だったらという2つの記事を書きました …

「東野・岡村の旅猿」おすすめシリーズランキング ベスト5 ~HuluとDVD~

以前の記事でHuluのおすすめコンテンツで「東野・岡村の旅猿」シリーズをお届けし …

少子高齢化社会を数値で見る ~メディアン年齢上昇と労働年齢人口の減少~

海外に行って、街を歩いて皆さんどんなところに違いを感じますか?建造物の意匠や、清 …

朝食にお勧めクランペット ~オーストラリアで知ったおいしい話~

皆さん、クランペットてご存知ですか? パンケーキ(ホットケーキ)みたいにみえます …

写真ブログもやっています。福島で思ったこと

福島旅行での写真をアップしました。 nobuandaya.com こちらもよかっ …